仮想通貨の優れた技術

仮想通貨は法定通貨と異なって国や中央銀行といった管理人がいない分、リスクが大きく、インターネット上のハッキングなどでリスクが高いために発達した技術があります。
もちろん既にインターネットバンクなどで通貨が流通していたり、様々な物品の売買を電子マネーなどでネットワーク上で流通させるための技術は発達していますが、仮想通貨ならではの技術発展があり、それが様々な業界で活用されている状況になっています。

仮想通貨の基本はネットワーク上で対等な状態にある端末同士、いわゆる個人と個人が交流を行うピアツーピア型のネットワークになります。このネットワークには特定のサーバーやストレージが必要なく、取引のデータが蓄積されるのは利用者それぞれの端末になってきます。

このような取引記録をきちんと記録されることをブロックチェーン技術と呼びます。このブロックチェーン技術こそが仮想通貨の基本であり、あらゆる業界で注目され活用されているものとなります。

重要な事は取引された情報を電子的に記録し、積み上げることによって改変を不可能にすることです。電子情報に原本先を持たせることによって改変させないこと、そしてタイムスタンプ機能も設けることによって発生順序も証明することが可能です。

このブロックチェーン技術が本郷43と密接な関係を持ちこの技術となっています。

ではブロックチェーンにはどのような特徴があるのでしょうか。6時位には大きく分けて3つ特性があると言われています。1つはパブリック方です。
ほとんどの暗号通貨はこのようなパブリック形のブロック遅延技術を使い誰でもネットワークに参加し管理者が存在する取引台帳に記録と承認ができる形になっています。

これに対してプライベート香館コンソーシアム型のブロック遅延には管理者は存在します。管理者と参加者が単一の組織やグループに限定されるのがプライベート方で管理者の許可によって複数の組織が参加可能になるのはコンソーシアム形になります。
プライベート方やコンソーシアム型は参加者のコンセンサスが取りやすいこと、取引の承認スピードが大幅に向上することがポイントになります。

特にコンソーシアム型では信頼される参加者のよって取引の処理が行われるので記録の安全性も担保されます。スピードと効率の両立ができる前から金融機関での決済にも注目される技術であり、あらゆる金融機関でもインターネットバンクの技術をうまく活用するための要素技術に考えられています。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする